【格安スマホ歴4年】共働きの家計節約ワザ!格安スマホへ変更しよう!【LINE MOBILEがおすすめ】

共働き

みなさんまだキャリアスマホをご利用ですか?
お金を手っ取り早く貯めたいのであれば、まずは固定費から削減する!などは
巷でもよく言われていることかと思います。

今回は固定費の中でも、現代は欠かすことのできない通信費について取り上げてみます。

妻は今まで、au(携帯デビューから7年くらい)→SoftBank→au→海外滞在→格安スマホといった流れで携帯を利用しています。
キャリアを行ったり来たりしていたのですが、約1年の海外生活を経て、帰国した際には格安スマホに乗り換えました。
格安スマホ歴はもう4年くらいになりますので、今のように流行するかなり前から使っていたと言えるかと思います。
ちなみに妻の現在の月額利用料金は2,000円です。
この記事では皆様に自身の経験から、格安スマホの買い方、選び方をご紹介します。

3大キャリアのスマホは高い!

これを読んでる方の中でスマートフォンを使っていない方は、おそらくほぼいらっしゃらないかと思います。
調査によると、3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)を使っている人はまだまだ多く、約90%ほどのようです。

電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表
(平成30年度第3四半期(12月末))

また、金額に関しても、以下のように大手3キャリアと格安SIMユーザーでは大きな差があるようです。

■ 現在支払っているスマートフォンの平均月額料金
大手3キャリアユーザーは8,451円、格安SIMユーザーは2,753円

https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1783.html

自宅のWi-Fi等も入れると、年々通信費は上昇してきています。
ここを削減することで家計を楽にしていきましょう!

妻が利用したことのある格安スマホ

BIC SIM

3年間ほど利用していました。
ビックカメラで契約できます。
実際の通信サービスを提供しているのは、IIJという老舗の通信会社ですので安心です。

BIC SIMの特徴を見てみる

契約プランは、
通話・パケット(6GB)合わせて 約2,200円のライトスタートプランを利用していました。
この料金に通話した分だけ通話料が加算されるイメージですね。

特徴は以下の通りです。
・実店舗(ビックカメラ)での契約が可能(ネットからももちろん契約可能!)
・端末をビックカメラで購入して、その場で契約できる
・数百円〜数千円を支払えば、各種オプションサービスも利用可能(初期設定、データのバックアップなどスタッフが対応)
・電波はドコモ、auから選ぶことができます!
・更新月と解約違約金は、以下の通りです。

・最低利用期間:利用開始日の翌月末日まで。
・解約調停金(違約金):音声通話機能付きSIMカードのご利用開始から12カ月以内に音声通話機能を解除(解約、MNP転出、音声通話機能付きSIMカードを削除)された場合、音声通話機能解除調定金が発生いたします(プラン変更の場合はかかりません)。
※「音声通話機能解除調定金」の算出方法は「(12カ月-利用開始月を0カ月とした利用月数)×1,000円(不課税)」となります。

https://bicsim.com/faq/

まとめると、月々のコストは抑えたいが、ある程度のサポートや相談を実店舗でしたい!という方にはオススメです!

LINE MOBILE

妻が現在も利用しており、ちょうど1年ほど利用中です。
基本的にはネットからの申し込みでの利用でしたが、最近は一部実店舗も展開しているようです
(沖縄では、エディオン・カメラのキタムラ・ゲオなどに提携カウンターがあるようです)
LINE MOBILEは、2018年3月にソフトバンクと提携しているため、こちらも安心かと思います。

契約プランは、
通話とパケット(3GB)を合わせて1,690円です。
BIC SIMに比べて、使えるパケット量は減っていますが、大体600円ほどはお得になっています。
ただ、LINE MOBILEにはパケット量が減っても大丈夫な理由があります。

特徴としては、
・Web、対面ともに契約可能
・特定のSNSを利用してもパケットを消費しない
・端末数が豊富
・LINEポイントが貰える
・電波はドコモとソフトバンクの二種類から選択

次の章では上記の特徴を説明します!

LINEモバイルがおすすめの理由

一番はこれ!SNSカウントフリー

SNSカウントフリーとは、指定されたアプリケーションを利用しても、パケットが減りません。
妻はこれのおかげでいくらTwitterを開いても、パケットがなくなりません!!
現在対象のSNSは、
・LINE
・Facebook
・Twitter
・Instagram
の4つです。

妻はスマホを開くとだいたいSNSを見ているので、ほとんど毎月パケットの容量が減っていません。本当に助かっています。

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

あると嬉しい豊富な端末数&Apple端末の取り扱い

格安スマホと侮るなかれ、端末数も非常に豊富です。
最新のApple製品の取り揃えはありませんが、iPhone6sならあります!
Androidであれば、少し良いミドルレンジの端末から入門レベルの端末まで多くの品揃えがあります。
現在は14端末ほどから選べます!
また、条件を満たせば、3大キャリアで利用していた端末を利用することももちろん可能です!

ここも見逃せない!LINEポイントの付与

毎月の利用料金に応じて、LINEポイントが貰えます。
ポイント付与率は1%です。
LINEポイントは今話題となっているQRコード決済のLINE Payでもちろん使うことができます!
LINE Payはローソン、ファミリーマートなど大手コンビニを始めとし、いろいろなところで使えるので、貰って損はないです!
毎月スマホを使いながら、ちょっとしたお小遣い稼ぎができます。

と、ここまで書いていたのですが、どうやらLINEポイントの付与は2019年4月30日をもって、終わってしまうようです。

今まで、毎月1日の時点で契約者連携されているユーザーに対して、毎月10日前後に月額基本利用料の1%分のLINEポイントを付与していました。
2019/4/30(火)23:59までに申し込み受付完了になった方までで、こちらのサービスは終了。
2019/5/1(水)0:00以降に申し込み受付完了になった方より、こちらのサービスが適用になりません。

http://mobile-blog.line.me/archives/31602211.html

ただ、現在はQRコード決済戦国時代。
ポイントの還元率を変更するなど、何か新しい策があるのでしょうか?
今後の発表の期待したいと思います!

また、LINE MOBILEに新しく知人を招待すると、紹介者は3000ポイントが貰えます。
こちらも上手く活用できると良いですね!
(妻も過去に一人紹介しました)

まとめ:安い通信費+SNS満喫+LINEポイントが貰えるのはLINE MOBILEだけ!

楽天がキャリア事業への参入、格安スマホもいろいろな企業がサービスを展開しています。
ただ、そんな中で、
・主要SNSでパケット消費なし
・Apple製品含む豊富な端末数
・LINE Payで使えるLINEポイントの付与(2019/04/30まで!!)
こんな強みがあるのはLINE MOBILEだけかと思いますので、現在新しくスマホを持つなら、LINE MOBILEはとっても良い選択肢かと思います!

皆さん、ぜひご検討くださいね〜!

コメント