【共働きの家計管理】住宅ローン控除があるし、お家買っちゃう?【住宅展示場見学編】

住宅

こんにちは。
共働きいなかもん妻さん@沖縄(@TomobatarakiS)です。

皆さん、今日も元気に家賃、払っていますか?
私たちももちろん払っています。

我が家は今1DKの賃貸マンションに住んでいるのですが、
今までは家賃を払ってマンションに住むのは当たり前だと思っていました。

最近、「お金が貯まるのはどっち?」という本を読みました。

この本によると、普通のサラリーマンであっても、
大家さんになって家も投資対象として運用することで
資産を残すことができるといった趣旨のことが書いてありました。

将来は不労所得でお金を得つつ、あわよくばアーリーリタイアしたいと考えいている私は、
思い立ったが吉日ということで、早速、家を建てる、購入するといったことを
現実的に考えるために、某住宅メーカーの住宅展示場を見学してきました!

住宅展示場見学

・完全な場違い〜子どもだらけ〜

ある休日の朝、住宅展示場に到着すると、子連れのご家族ばかり。
DINKSである私たちは若干場違いな様子。
予約して行ったにもかかわらず、なぜか若干戸惑う営業マン。
この辺りから、もしかしてあまりターゲットにされていない??と感じ始めます。

・間取りにときめく

新しい戸建はとっても素敵で、将来もし自分で家を建てたらこうしたいな〜など、
希望ばかりたくさん浮かびます!

憧れのカウンターキッチンや大きなWIC(ウォークインクローゼット)などもあり、
やはり広々とした戸建はいいな〜〜と素直に思いました。

最近の戸建って、リビングと繋がって畳の部屋を作るのが主流なんですかね?
そのようなデザインが多く、たしかに子どもがいてゴロンと寝かせたりできるのには便利そうだな〜と思いました。

(私もゴロンとしたい。)

・見学はしっかりとした服装がおすすめ

あとは、私たち夫婦、あまりにもカジュアルすぎる服装で行ったからなのか、
なぜか熱心に売り込んでもらえず。
強引な勧誘がなかったのは良かったのですが、
なんだかちょっと寂しかったです。。。
今度はちゃんとお金を持ってそうな落ち着いた格好で行こう!!と
夫ともに決意を固くしたのでした。。。

現実的な今後の住宅プラン

・そもそも住宅ローン控除とは

国税庁のホームページによると、住宅借入金等特別控除という名前で説明されています。

例えば、住宅の新築・購入であれば、以下条件を満たしていることが必要です。
〈1〉住宅取得後6か月以内に入居し、引き続き居住していること
〈2〉家屋の床面積(登記面積)が50㎡以上であること
〈3〉床面積の2分の1以上が、専ら自己の居住の用に供されるものであること
〈4〉控除を受ける年の所得金額が3,000万円以下であること
〈5〉民間の金融機関や独立行政法人住宅金融支援機構などの住宅ローン等を利用していること
〈6〉住宅ローン等の返済期間が10年以上で、分割して返済すること

控除額の算出方法は、基本的に以下の通りです。
住宅ローン等の年末残高(最高4,000万円) × 1%
= 控除額(最高40万円)
※100円未満の端数切捨て

あくまで自分たちが住むための住宅をローンで手配した場合に、
税金を控除してあげる、という制度であることに注意です。
他には床面積にも下限がありますので、このあたりも注意が必要かと思います。

諸注意や中古の場合などは以下のURLを確認してみてください。
参考URL:https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/05_1.htm

・沖縄は今不動産バブル

ただ、現実的には、最近沖縄はちょっとした不動産バブルが起こっているらしく、
特に那覇市は坪単価がかなり上がってしまっています。
噂で聞いたところによると、場所によっては地価が数年前の10倍近くになっているところもあるようです。
このご時世、数年前から地価が10倍になる土地なんてなかなかないですよね。
このあたりは、以下に沖縄が今景気が良いのかを表しているエピソードかと思います。

那覇市内の場合、土地を持っていないと普通のサラリーマン家庭が家を建てるのはなかなか難しいようです。。。
資産を持たない労働者層には厳しい世界です。

【まとめ】現金貯金は万能薬

今まではフットワークの軽さを重視していたので、
「家を買うなんて!機動力が落ちてしまう!!一生賃貸で十分!!」と考えていました。

ただ、今回住宅展示場を見学してみて、「自分好みの間取りで自分たちだけの家はやっぱり素敵!憧れる!」、そんな気持ちも持ちました。

先ほどの本を読んだり、住宅展示場での説明を聞いたりして、
価値の落ちない家(もちろんこれを探すのがとても難しいのですが)を購入すれば、
それは資産となり、自分たちで住むことはもちろん、
その家の貸し借りを行うことでもお金を生み出すことができるなど、
資産の活かし方はいくつかあるということも分かりました。

とりあえずのところは、現在は頭金となりうるような貯金もまだ持っていないので、
まずは日々の家計をきちんと管理しつつ、愚直に現金を貯めて、
将来の選択肢を増やせるようにしたいと思います。

私は自由時間がたくさんあるDINKSの内に、何かしらの仕組みを作り、
少しでもいいので不労所得を得たいと考えています。
投資信託の積立など金融資産を運用していくだけではなく、
これからは家を運用するということも検討してみてもよいのかなと思いました。
これからこの分野はもっと勉強していこうと思います。

お金が貯まるための二択がのっています。

特に最初の問いの、メガバンクにお金を預けてはならない、というメッセージは、
今までの銀行や信用金庫に対する捉え方を変えてくれましたので、
まだの方は一読をオススメします!

コメント